「熊本暮らし人まつり みずあかり」は、県や市など行政のお金を使わずに、民間企業や個人の皆様からのご協賛により、制作から運営まで行っている市民のお祭りです。毎年、約300社を超える企業の皆様と個人の皆様のご支援・ご寄付により、熊本城下に美しい幻想的な夜が広がります。ぜひ、多くの方々のご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 


第15回 熊本暮らし人まつり みずあかり ご協賛のお願い
~ 熊本に希望の灯りを ~

熊本地震から2年が過ぎ、熊本が少しずつ活力を取り戻す中、7月上旬に発生しました西日本を中心とした豪雨災害で、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一日も早い復興を心から願っております。

さて、熊本城下の秋の風物詩として定着してまいりました、熊本暮らし人まつり「みずあかり」は、今年で15回目を迎えることとなりました。2004年、「熊本市民みずからの力による地域活性化」という理念のもとに始まったこのおまつりは、2012年には「ふるさとイベント大賞」受賞、2016年には「日本夜景遺産」認定など、今や地域活性化のモデルとして全国に認知されてきており、熊本を代表する秋のまつりとなりました。

本年は、10月6日(土)、7日(日)に熊本市中央区花畑町一帯での開催を予定しております。熊本が誇る資源であり象徴である「水」「火」「竹」を活用した幻想的な灯りの風景を、復興のシンボルとして県内外に広げていきたいと考えています。

自分たちの力で自立したおまつりを創るという理念のもと、行政からの補助金には頼らず、300社を超える民間企業や団体の皆様からのご協賛、約6,000人の市民ボランティアのご協力により、毎年開催しております。

本年は竹オブジェ制作・消耗品費、ロウソク購入費用、運営事務・広報費、来場者安全対策費等、約1,000万円のまつり事業予算を設定致しまして、祭りの充実を図り、皆様のご期待にお応えして参ります。誠に恐縮なお願いではございますが、みずあかり開催趣旨にご賛同頂き、みずあかりへのご協賛を賜りたくお願い申し上げます。

また、来年(2019年)にはラグビーワールドカップや女子ハンドボール世界選手権大会の熊本開催が予定されております。選手や大会関係者、観戦客など国内外からご来熊の皆様に、熊本の魅力を最大限に感じていただく空間を提供すべく、みずあかりの演出拡大を視野に入れ、準備・取り組みを行って参ります。皆様方のさらなるご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

ご協賛は、法人の皆様を中心に1口2万円からお願いしております。ご協賛頂いた法人各社様については、当日会場内での大型画面への社名投影及びみずあかり公式ホームページでの掲載・紹介をさせて頂きます。

何かと出費の嵩む折、誠に厚かましいお願いで恐縮に存じますが、皆様のご協力とご支援を切にお願いする次第であります。

 


◆協賛申込方法

<企業・団体の皆様へ>

企業・団体の方のご協賛は、1口2万円からお願いしております。
ご協賛お申込みを頂いた企業法人様は、当日会場内の大型画面での社名紹介 及び みずあかり公式ホームページに法人名を掲載・紹介させていただきます。
お申込みは、以下のボタンをクリックして、お手続きをお願いします。

kifu_001

 

<個人の皆様へ>

個人の方のご協賛は、2,000円以上からお願いしております。
ご協賛頂いた皆様には、特典として、協賛された方のお名前をホームページにご紹介させて頂くと共に、「みずあかり協賛証」を開催後に進呈します。
お申込みは、以下のボタンをクリックして、お手続きをお願いします。

kifu_002